LOG IN

どれだけ小さな一歩でも少しずつ前に【タイ・チェンマイ編】#15

by 佐田真人|Masato Sata

いつぶりだろう。夜中の12時を超えても、みんなで笑っていたのは。

もし一つのツイートをきっかけに行動していなかったら、この瞬間はうまれてなかったんだろうなあと思うと、「ちょっと前の自分、よくやった...!」と思う。




先日、「チェンマイで集まりましょう!」というある方のツイートが、自分のタイムラインに流れてきた。

こんな機会はなかなかないし、チェンマイで繋がりを作れたらと思い、そのツイートにリプライさせていただいたのが、今回の始まりだった。

そしていま、ノマドワーカーをはじめとするたくさんの方々とお話できている。これからの旅に参考になるお話もたくさん聴けたし、何より、世界一周を終えたなら、僕もまた違う立場で笑っていたいと思った。




なにか一歩踏み出すのは、たとえどんなに小さなことであっても、こわいときはこわい。それでもぼくは、どれだけ小さな一歩でも前に進むことを選びたい。その先に拡がる世界を見るために。


佐田真人|Masato Sata
OTHER SNAPS