LOG IN

日本人と中国人と韓国人と【タイ・チェンマイ編】#9

by 佐田真人|Masato Sata

いまのホテルのルームメイトは、とても賑やかなメンバーだ。

その中でも一人、ひときわ明るいやつがいる。とにかくずっと喋ってるし、ずっと笑ってるし、ずっと歌っている。シャワーを浴びてる最中もずっと歌ってるのだ。

ホテルのどこかにいれば、彼の声は必ず聴こえてきたし、簡単にいえば、変なやつだった。でもどこか憎めない感じの、そんなキャラだ。

彼と初めて会ったときは何気ない会話からだった。シャワーを済ませ、ドミトリーに戻ったときのこと。

「ねえ、君はどこから来たの?」

「あ、日本からだよ。」

すると彼は大笑いしながらこう言った。

「日本人ですか!ぼくは中国人なんだ。そしてこの人が韓国人!アジア人が揃った!!やったー!!」

隣にいた韓国人のおじさんも一緒に大笑いする(ちなみにこの人も常にテンションが高い。最近まで大阪に住んでおり、英語に加えて中国語と日本語も流暢に話す)。

そこから互いに意気投合し、日本語や中国語を教えたり、旅のルートや良かったところなど、いろんな話をした。旅人どうしが仲良くなるまでは、そう時間がかからない。

そして彼は今も顔を合わせるたびに、笑いながらこう話しかけてくれる。

「MASATOさん!!ハロー!!」


佐田真人|Masato Sata
OTHER SNAPS