深く沈んだ空が淡く染まり始めるまで【ミャンマー・バガン編】#24
早朝4時、車内のライトと流れ始めたそこそこボリュームの大きい音楽で目覚める。バスから降りるや否や、ドライバーたちが「どこへ行くんだ?」と声をかけてきた。 「ちょっと眠いし、頭痛いからちょっと待ってくれる
佐田真人|Masato Sata
mst727.goat.me