LOG IN

旅の最中の優しいひととき【タイ・チェンマイ編】#18

by 佐田真人|Masato Sata

チェンマイはとても散歩に適した街だと思う。

特に夜の旧市街は、オレンジ色の灯りが程よく足元を照らしてくれるので、歩くにはちょうど良い。おまけに今日は心地よい風が吹いているし、絶好の散歩日和だ。

この数時間、高校生に戻ったのかと思うくらい、たくさんのことを話した気がする。

昔の学生の頃の話をしたり、他愛もない恋愛の話をしたり、旅の最中にこんなにも昔を懐かしむことがあったのかと、不思議な気持ちになった。

高校生のころ夜通し夢を語ったような、優しい時間がそこに流れていたんだと思うと、何だかとても嬉しかった。

あ、そういえばアイツは元気にしてるだろうか。今頃なにをやっているんだろう。楽しいひとときに時折切なさが混じる。

「あれから随分と年をとったんだなあ」、ふとそんなことを思った。


佐田真人|Masato Sata
OTHER SNAPS